【採用裏事情アリ】産業保健師を目指す方が登録必須の転職サイト

  • URLをコピーしました!

「産業保健師に一番強い転職サイトが知りたい!!」

看護系転職サイトは本当に種類が豊富ですよね。

  • 確実に産業保健師になれる転職サイトだけ知りたい
  • 転職はしたいけど、転職サイトからの連絡はうっとうしい
  • 登録する転職サイトはできるだけ少なくしたい

このように感じている方も多いのではないでしょうか?

ごめんなさい。

それだと産業保健師への転職難易度がさらに上がってしまいます

結論から言うと、「絶対に産業保健師になれる転職サイト」は存在しません。

私は5年前に未経験から転職した現役産業保健師です。

今では保健師の採用面接に同席する機会もいただけるようになりました。

そんな私が採用の裏事情を根拠とした「産業保健師になるための転職サイトの利用方法」についてお話しようと思います。

この記事では

  • 転職サイトは何ヶ所登録するべき?
  • 産業保健師の求人案件がある転職サイトはどこ?
  • 産業保健師に強い転職サイトは?

というみなさんの疑問を解決していきます。

登録必須の転職サイトのポイントもご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでください✨

この記事でわかること

【産業保健師Ver】転職サイト利用の鉄則

産業保健師の求人は表に出ないことがほとんどです。

そのため転職サイトの活用は必要不可欠

産業保健師を目指す方の「転職サイト利用の鉄則」についてお話します✨

鉄則①転職サイトは複数登録

悩める看護師

転職サイトって登録が面倒なんだよな。
頻繁に連絡が来るのも嫌だし…。
できれば転職サイトはひとつに絞りたいな

と思う人も多いのではないでしょうか?

看護師として病院・施設に転職する場合は、ひとつの転職サイトに登録するだけでもたくさんの案件に出会えます。

しかし、産業保健師の場合はこの方法だと求人案件に出会えない可能性が高いです。

産業保健師を目指す場合は「転職サイトに複数登録」鉄則です!

その理由がこちら

  • ひとつの転職サイトに絞ると、他の転職サイトに掲載された好条件の求人案件を見逃してしまう
  • 企業が産業保健師を募集するときに「定番の転職サイト」を使うとは限らない
  • 企業が複数の転職サイトに求人を掲載するとは限らない

産業保健師は求人案件自体がとても少ないです。

ひとつの転職サイトしか登録していないと、こんなことが起こります。

具体的にいくつ登録すればいいかは、転職を希望する地域の差もあるので明言はできませんが産業保健師の求人を取り扱っている転職サイトは一通り登録することをオススメします。

鉄則②一般系転職サイトにも登録

産業保健師を目指す時、盲点になりがちなのは「一般系転職サイトの活用」です。

なぜなら…

産業保健師を募集しているのは
「一般企業」
だから

一般企業が求人を募集する時に「一般系転職サイト」を利用するのはごく普通のことです。

それは産業保健師を募集する時も例外ではありません

しかし、「産業保健師の転職」=「看護(医療)系転職サイト」という固定概念から登録していない人がとても多いように感じます。

企業が産業保健師を一般系転職サイトで募集するのは、次のような理由からです。

  • 普段から利用している転職サイトを使う方が、紹介料などのコストが安い
  • どこが産業保健師募集に適した転職サイトか分からない
  • 「求人募集はここ!」と決めている転職サイトがある

中には、一般系転職サイトでしか産業保健師の募集をかけていない企業もあります。

ハルコ

一般系転職サイトは、看護系転職サイトに比べてエージェントからの連絡頻度が低いです。

多忙で頻繁に連絡を取りたくないという方は、まず一般系転職サイトだけ登録しておきましょう✨

産業保健師採用の裏事情

みなさんは、人材を雇うときにかかるコストについて考えたことはありますか?

私は産業保健師の採用面接に同席するまで意識したことがありませんでした。

求職者側は、転職サイトを無料で利用できますよね。

一方、企業側は求人情報を掲載するため転職サイトに「求人広告費」を支払う必要があります。

産業保健師の求人はほとんどが中途採用ですが、求人広告を出すだけでもこれだけコストがかかります。

医療・福祉分野における求人広告費
(1人採用あたり)

53.2万円

出典:株式会社マイナビ
マイナビ 中途採⽤状況調査2020年版

企業が確保している「人材募集のための予算」には限りがあります。

その中で産業保健師を募集するために多額の予算は使えません…。

するとこんなことが起こります。

  • 企業側が複数の転職サイトに産業保健師の求人を掲載することは少ない
  • 普段使っている「一般系転職サイト」で産業保健師の募集をかける
ハルコ

一般企業だと、産業保健師を採用する機会はごくわずかですからね。
あまり予算を割けない大人の事情があったりします…

複数の転職サイトを利用することで、同じような初回面談を受けなくてはいけないというデメリットも。

しかし複数サイトに登録して情報の間口を広げておくことが転職成功への近道です!!

【産業保健師求人あり】登録必須の看護系転職サイト8選

産業保健師の求人が掲載されている転職サイトをご紹介します✨

産業保健師の求人は、登録後に紹介可能となる「非公開求人」が多いです。

検索で希望地域の求人がヒットしなくても、登録してみたら非公開求人を紹介してもらえることも💡

ハルコ

チャンスを増やすために、登録したことがないエージェントがあればこの機会に登録してみてください✨

MCナースネット
ポイント
  • 保健師求人は254件(2022年4月時点)
  • 【企業看護師】CE(クリニカル・エデュケーター)オンラインセミナーを受講できる
  • 保健師求人の特集が組まれており、求人が探しやすい
  • 単発派遣の仕事も豊富で、産業保健師に転職するまでの繋ぎの仕事も見つけやすい
  • 創業者が医師なので、医療業界に対する専門性とネットワークが強み
  • 利用者、紹介先ともに評判が良い
メディカルワークス
ポイント
  • 登録後に丁寧に希望条件のリスニングを行ってくれる。
  • 登録後のやりとりはLINEで可能。電話が苦手な人や、時間に縛られたくない人にオススメ!
  • それぞれの案件数は公開されていないが、希望条件に沿った案件をピックアップし紹介してもらえる
医療ワーカー
ポイント
  • 保健師求人520件(2022年2月時点)
  • 非公開求人も豊富
  • 学生でも利用できる
  • コラムが豊富で転職に役立つ情報がたくさん
  • とにかく連絡が早くてこまめ
  • 転職後も連絡が来ることがある
  • エージェントが全員、紹介従事者講習を受けているのでハイレベル
看護のお仕事
ポイント
  • 保健師求人824件(2022年4月現在)
  • 健診関連の求人が多め
  • LINEで転職相談・求人情報の受け取りができるので、電話が苦手な人もオススメ
  • 職場訪問を行っているため求人情報に載っていない情報も提供してもらえる
  • 労働条件の交渉もサポートしてもらえる
  • 「無理やり転職をすすめない」というポリシーが徹底されている
ナースジョブ
ポイント
  • 保健師求人581件(2022年4月時点)
  • 非公開求人も多数。
  • 情報収集のみの登録も可。
  • 履歴書添削・面接対策のフォローもしてくれる
  • 「お悩み解決コラム」では看護師が抱く悩み・不安を解決するための話題が豊富
  • 地域の求人に精通したエージェントが多数在籍
  • 職場の福利厚生についても詳しく教えてくれる
ナースJJ
ポイント
  • 保健師求人854件(2022年4月現在)
  • LINEでの求人検索可能
  • 保育園・大学の保健師求人も豊富。産業保健師と迷っている人は要チェック
  • 転職後の早期退職を防ぐため「転職応援プロジェクト」に力を入れており、職員の生の声を大切にしている
  • 転職後に「転職応援プロジェクト」に協力すると、報酬金がもらえる
    ※)お祝い金ではない
アポプラス保健師・看護師
ポイント
  • エージェント全員が保健師転職に特化したプロ
  • 産業保健師の非公開求人が豊富
  • 看護師が苦手とする「職務経歴書」の添削サポートあり
  • 保健師の仕事に関するニュース配信あり
プライマリーアシスト
ポイント
  • 産業保健師の非公開求人が豊富
  • 幅広い層へ向けた様々な教育支援体制があり、セミナーの受講が可能
  • 産業保健の現場で勤務する上で役立つ学会に限定価格で参加できる

【意外と穴場】大手企業がよく使う一般系転職サイト3選

リクルートエージェント
ポイント
  • 産業保健師の求人65件(2022年4月時点)
  • 大手企業の利用が多い
  • 非公開求人にも案件あり
  • 「WEB面接可」の案件が多い
  • 業界最大の転職実績あり
  • 書類添削、面接対策のサポートが手厚い
doda
ポイント
  • 産業保健師を含む企業看護師の求人15件(2022年4月時点)
  • 産業保健師の求人数は少ないが、誰もが知る大企業の案件が多い
  • 提案力と求人数が優れている
  • 大手のため担当者によりサポート能力の差がある
  • ひとりひとりにキャリアアドバイザーがつき、手厚いサポートが受けられる
パソナ
ポイント
  • 産業保健師の求人10件(2022年4月時点)
  • 産業保健師の求人はほとんど非公開求人で紹介している
  • 一般系転職サイトだが、産業保健師向けの研修情報あり
  • 登録面談をオンラインで行うことも可能
  • 企業との採用面接もWEB面接で調節できることもある
  • サポートが手厚く、特に女性や若い世代におすすめ

おまけ:こんなときは転職サイトに登録するな!

「転職サイトの利用が転職成功への近道!」と言いましたが、転職サイトに登録してはいけない場面があります。

それは…

落ち着いて電話に出られないタイミングでの登録

ハルコ

転職サイトは登録したらすぐにエージェントから電話がくることが多いです。

私が「転職サイトに登録するタイミングを間違ったな」と感じた瞬間を2つご紹介します!

夜勤明け

みなさん、荒れた夜勤を経験すると

疲れた看護師

もう転職してやる!!

勢いで転職サイトを検索したりしませんか?

ただでさえ疲れた夜勤明け。

登録したは良いけど、そのまま寝落ち…

そんな中登録しても良いことはなく、こんなことが起こりかねません

  • 寝落ちしてエージェントからの電話に出られない
  • 夜勤明けでボーっとしている頭でヒアリングに応じる(転職希望条件など)
  • 勢いで登録したので、転職希望条件がまとまっていない

時間と体力に余裕があるときに登録することをオススメします!

仕事の休憩時間(特に日勤)

転職活動をしていることを公にできない人も多いのではないでしょうか?

休憩時間にこっそり転職サイトに登録したはいいけど、すぐにエージェントから電話がかかってきて焦ることも。

ハルコ

「電話でなくていいの?」なんて聞かれると少し気まずいですよね(笑)

一人で落ち着いて電話に出られる環境を確保した上で転職サイトに登録するようにしましょう!

まとめ:転職サイトを駆使して産業保健師になろう

いかがでしたか?

今日は「産業保健師採用の裏事情」もお話しましたので、世知辛い内情についてもご理解いただけたかと思います。

産業保健師の求人募集は地域によって大きな差があるので、「この転職サイトを使えば絶対大丈夫!」ということができません。

全く期待していなかった転職サイトから求人を紹介してもらえることもあるので、油断禁物です!

Ns.なっちゃん

転職サイトって使ったことがなかったんですけど、とりあえず登録してみます!

初回面談が大変そうだけど…💦笑

ハルコ

転職を希望する地域によっても求人件数は大きく変わりますからね!

いろいろ登録して、良いご縁と出会える機会は増やしておきましょう✨

産業保健師 転職成功への道
  • 産業保健師への転職は、複数の転職サイト利用が鉄則
  • 医療系転職サイトだけでなく、一般系転職サイトにも登録
  • 落ち着いて電話に出られる「時間と体力に余裕がある時」に登録すること

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること